【メリット4つ】ロングテールキーワードによるSEO対策でWebサイトはぐんぐん伸びる

SEO対策を意識し始めると、「ロングテールキーワード」という言葉をよく耳にするようになります。

ロングテールキーワードとは、「SEO 対策 ロングテール」のように、複数のワードを組み合わせたキーワードのことで、意識したSEO対策を行えば下記のようなメリットが現れます。

  • 検索で上位表示されるサイトを作りやすい
  • キーワードからユーザーのニーズを読み解ける
  • 成約に繋がりやすいWebサイトを作成できる

今回は、ロングテールキーワードのメリットと、探し方について丁寧に解説したいと思います。順にみていきましょう。

ロングテールキーワードとは

キーワードは、大きく分けて3つに分類されます。

月に10000以上もの検索ボリュームを誇るビッグキーワード

主に2つの単語を掛け合わせたミドルキーワード

3つ以上のキーワードを掛け合わせ、検索ボリュームが比較的小さいロングテールキーワード

キーワード検索ボリューム(月間)検索例
ビッグワード10000以上SEO
ミドルキーワード1000~10000SEO 対策
ロングテールキーワード1000未満SEO 対策 キーワード

この中でも、ロングテールキーワードの検索数は全体の70%を超えており、Webサイトを成長させたいのであれば、絶対に意識しなければならないカテゴリーなのです。

ロングテールSEOのメリット4選

ロングテールキーワードを意識したロングテールSEOのメリットには4つのメリットがあります。

ロングテールSEOのメリット
  • 競合性が低い
  • インデックスが増加する
  • CV率を高めることができる
  • 質の高いコンテンツを作成できる

①競合が低い

例えば、「SEO」で検索すると、51,600,000件ものWebサイトがヒットしましたが、「SEO 対策 キーワード」で検索すると、ヒット数は1,010,000件まで減少し、市場規模は50分の1以下になります。

一般的に、キーワードが長くなるほど、検索ボリュームは縮小する

つまり、競合が減り、Webサイトを上位表示させやすくなるのです。

②インデックスが増加する

Googleのロボットは、キーワードからクローラー巡回に来ます。つまり、ロングテールキーワードで応じたサイトを作ることで、Googleからインデックスされるページ数を増やすことができるのです。

その結果、サイト自体の価値が高まり、Webサイト全体の成長に繋がります。

また、内部リンク・関連コンテンツを意識しながら、ロングテールに応えるサイトを量産することができれば、特化サイトとしてGoogleからの評価も飛躍し、ビッグワードでも上位表示を狙うことが可能になります。

➂CV率を高めることができる

CVとは、一般的に成約のことを示します。例えば、本を売るためのサイトを作るのであれば、本を購入されることがCVと言うわけです。

ロングテールキーワードについて考えてみると、キーワードが多くなる分、ユーザーのニーズにより近づくことができます。

つまり、必然的にCV率が高まる訳です。

ユーザー視点に立ってみよう

例えば、SEO初心者が、WebサイトでSEOを学ぶための本を求めているとします。

その時、どんなキーワードで検索でしょうか?

当然「SEO 初心者 本」などのようにロングテールキーワードで検索しますよね。これが、CV率が高くなる理由なのです。

④質の高いコンテンツを作成できる

ビッグキーワードから記事を書こうとしても、あちらこちらと情報を盛り込んでしまい、内容の薄い記事になりやすいです。

一方で、ロングテールキーワードを意識すれば、求めているユーザー像をイメージしやすく、一貫性のある質の高いコンテンツを作りやすくなります

ニーズを意識した記事は、ユーザーエクスペリエンスのを高めることにも繋がり、Webサイトの成長を施してくれるでしょう。

ロングテールキーワードを見つける方法

ロングテールキーワードは、ビッグキーワードを連想するだけでも見つけることができそうですが、ツールを使うことで、より簡単に抜け目なく見つけることができるのです。

キーワードプランナー

まずは、SEO対策をしている人ならみんな知ってるキーワードプランナーです。

ビッグキーワードの分析に最適で、ロングテールキーワードには不向きであると思われがちですが、ビッグキーワードを検索すると、関連性の高いキーワードが表示されるので、そこをかたっぱしから拾い上げていけば良いのです。

大まかな、検索ボリュームと競合性も見ることができますので、中々使えます。

->>キーワードプランナーはこちら

Ubersuggest

Ubersuggestは、キーワードプランナーの上位互換だという人も多く、検索ボリューム、競合性、クリック単価を確認することができ、ロングテールキーワードにも対応しています。

ぶっちゃけ、このツール一つだけでも、ロングテールSEOは十分かな?と個人的には思っています。

->>Ubersuggestはこちら

サジェストキーワード

サジェストキーワードというのは、検索エンジンで検索した際に、提案される関連ワードのことです。

ここに表示されているということは、ある程度の需要があり、使い勝手の良いキーワードということです。

簡単にキーワードを見たい時に使うと良いですね。

まとめ

Webサイトを作成にあたって、キーワード選定による、記事の方向性の決定はかなり重要です。ツールを使いながら、ロングテールSEOを意識し、Webサイトの質を高めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です