【3分でわかる】Webコンテンツとは?サイトの質を高める7つの手法を徹底解説

Webコンテンツの質を高めることは、Webマーケティングにおいて欠かせません。

  • Web上で何かを売りたい
  • 検索順位を向上させたい
  • 認知度を高めたい

これらを達成するためには、Webコンテンツを理解し、コンテンツ作りをする必要があります。

Webコンテンツとは何なのか?質を高めるためにはどうしたらいいのか?早速見ていきましょう。

Webコンテンツとは

Webコンテンツとは、通販サイトやホームページ、ブログ、メールなどが該当します。

「Webを通して、人に伝える創作物」=Webコンテンツと覚えましょう。

コンテンツは、複数のパーツを組み合わせることで、成り立ちます。Webサイトなら、「文字×画像×音声×装飾」のような組み合わせですね。

僕みたいな吹き出しもWebコンテンツの構成員だよ!

良質なWebコンテンツとは?

Webコンテンツは、言わばWeb上でコミュニケーションみたいなものです。

例えば、「物を買いたい」とWebサイトを訪れた時、「商品検索→決定→購入手続き」までを容易に行うことのできるサイトは、良質なWebサイトです。

なぜなら、ユーザーの「物を買いたい」というお願いに、しっかり答えることができているから。

一見簡単に見えますが、Web上では、多種多様なユーザーが存在し、人によって求めているものが異なります。さらには、競合が存在し、Webならではの規制もあるので、それらを総合的に加味し、コンテンツ作りに励む必要があります。

Webコンテンツの重要性

  • 物が欲しくなったら通販サイトを開く
  • A社の情報が気になったらA社を検索する
  • 迷ったときは取り敢えずWebを使ってみる

何か求めることがあれば、取り敢えずWebを使う。という流れは、現代においてかなり増えています。

実際、自分自身の生活を見返してみても、Webのない生活はとてもじゃないけど難しいでしょう。

つまり、Web市場は膨大なので、質の高いコンテンツを作ることができれば、たくさんの人に訪れられ、見られ、使ってもらうことができるのです。

ユーチューバーの広告収入が高いのも、YouTubeというWebコンテンツの需要価値がそれだけ高いからだよ!

Googleだって要求している

Webサイトの検索順位は、Googleなどの検索エンジンによって決定されます。

その判断基準として、「質の高いオリジナリティあるサイトを提供してくださいね」とガイドラインに記載しています。

さらに、その中でも「検索品質評価ガイドライン」で「E-A-T」について100回以上言及しておますので、最低限「E-A-T」は理解しておきましょう。

品質の基準「E-A-T」

「E-A-T」とは
  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

これら三要素で構成され、それぞれの頭文字をとって「E-A-T」となっています。

Expertise(専門性)

一つの分野に特化したコンテンツ作りに励むことで、評価されやすくなります。

自社情報の公開だったり、自分しかしらないような情報を持っていれば、専門性はさらに高まります。

Authoritativeness(権威性)

他のサイトやSNSなどでリンクをシェアしてもらう被リンク、ニュース記事での紹介などがこれにあたります。

自分で対策をするというようは、質の高いコンテンツを作ったことによる、結果としてついてくるイメージです。

Trustworthiness(信頼性)

信頼は、マーケティングにおいて超重要だということはご存じですよね。

偽りの情報を提供していたり、内容に関連しないパーツが組み込まれていたりすると、ユーザーの信頼を落とし、今後あなたのコンテンツに訪れてくれなくなります。

信頼性があるかどうか、常に確認する癖を付けましょう。

コンテンツの質を高めるための5つの要素

Web上でできることが増えるにつれて、コンテンツ作りは日々進化しています。

つまり、コンテンツ作りは「これをやっておけば完璧!」なんて方法は存在せず、その時々のニーズに合ったものを提供し続ける必要があります。

と言っても、押さえておきたい基本的な要素も存在するので、今回はこれを紹介します。

①オリジナリティ

例えば、検索順位上位のサイトと全く同じコンテンツを作れば、質の高いコンテンツは完成します。

しかし、そんなものができたところで誰も得しません。

  • ユーザーにとって、同じ情報は一つで良い
  • Googleにとっては邪魔でしかないからマイナス評価を下す他ない
  • 真似された人も多少なり受ける

オリジナリティ皆無のサイトを作ったところで、需要なしとのことで、コンテンツに価値はなくなってしまします。

オリジナリティを作る

  • ブログやSNSなら自分の体験
  • 会社のHPなら会社独自の情報
  • 日常で専門性あることに従事しているならその内容
  • 他のサイトで「使いにくいな」って思ったところをグレードアップ

これらを行うこでオリジナリティは生まれます。

->>ミニマリズムは衰退し、デザインはオリジナリティの時代に

②情報源

品質の基準「E-A-T」でも触れましたが、ユーザーには信頼性のある情報を提供することが大事です。

ですので、ソースがどこかも分からぬ情報を扱うのは非常に危険です。

  • 官公庁や大学公表のデータを使う
  • 実体験したなど確信のある情報
  • 複数の情報を見極めて正確だと思える情報

これらのように、信頼性のある情報を扱いましょう。

未確認生命体研究、芸能情報など、確定的な情報じゃなくても良いときもある。臨機応変に!

➂ユーザーファースト

  • 始めてでもすぐに使えた
  • ニーズに対する的確な答えが返ってきた
  • 使いやすい、使って楽しい、そのコンテンツに何度も訪れたくなる

ユーザーに対して、上記のような感情を抱かせるコンテンツ作りを目指しましょう。

・始めてでも使えた→UIデザインを学ぶ

・的確な答えを返す→サイト作成前にコンセプトを定める

・ユーザーをつかむ→UXデザインを学ぶ

④文章構成

YouTubeやTikTokなど、特殊なWebコンテンツでWebなければ、コンテンツの骨組みは文章になります。

つまり、文章構成がしっかりしてないWebコンテンツは周りをどれだけ固めようと良質なものにはなりません。

媒体に合った、適切な文章を提供しましょう。

->>バズる文章を書く人と書けない人の致命的差

->>いいね」が止まらない!SNSでバズるために必要な4要素が楽しく学べるおすすめ本4選

文章術にはいろんなテクニックがあるけどまずは基本!そして、根本を忘れないこと!

⑤サイト構成

  • ユーザーがどういう意図でサイトに訪れるか?
  • 使いやすさを重視したらどういう配置にするか?
  • 商品紹介はどこに置くのが一番良いか?
  • サイト内で読者の動線はどう設計するか?

コンテンツ作成に入る前に、コンセプト作り、サイト設計の構想は欠かせません。

意外と時間がかかる上、前に進んでいる感覚を味わえないので飛ばしてしまう方も多いですが、後々のことを考えると、ここは絶対に抑えたいポイントです。

まとめ

Webコンテンツは、「Web上で情報を伝えるためのツールです」

紹介した、5つのポイントを押さえながら、最高品質のWebコンテンツを作りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です